2011年2月3日木曜日

証城寺の狸囃子コマーシャルの謎 1

年末に台湾のテレビで放映されていたコマーシャルで、1つどうしても気になってしょうがないものがあった。



それは富邦金控 (Fubon Financial Holdings) という台湾でも大手の金融グループ会社のTVコマーシャルである。

このコマーシャルでは、我々日本人には馴染みの深い『証城寺の狸囃子』の音楽に合わせて、たくさんの老若男女が至る所で踊っているものを撮影しただけのようで、広告の対象となる何らかの商品が出てくるわけでもなく、一般の広告にあるような楽しいキャッチフレーズがあるわけでもない。

しかも時間帯によってはかなり頻繁に放映されるのである。

なぜ富邦ファイナンシャルグループは巨額の広告費をはたいて、「証城寺の狸囃子」のコマーシャルを流しているのだろうか。

とんとん解せぬとはまさにこのことである。

○●○

そんなある日、プロジェクトメンバーたちと昼食に出かけたところ、お店のテレビでまたもこの広告が流れていた。

「あ、またこのコマーシャルだ!」

僕が大声で言うと、プロジェクトの追い込みで疲れているメンバーたちも何だ何だと驚いて、僕の顔をじっと見つめる。(続く)

2011年2月2日水曜日

過年暗

今年は22日が旧暦の大晦日にあたる。

北京語で大晦日は『除夕』(ちゅーしー;Chu2-xi1)と呼ぶのは知っている方も多いと思う。

台湾語ではどうだろうか。一つ目の言い方は、『過年暗』(ごえにーあむ;Koe3-ni5-am3)である。

もう1つの言い方は、『二九暝』(りーがうみー;li7-kau2-mi5)或いは『三十暝』(さーづぁっみー;SaN1-chap4-mi5)という。

何故ここで二九になったり三十になったりするかと云えば、年によって旧暦十二月は29日で終わったり、30日で終わったりするからである。

ちなみに今年の陽暦2月2日は陰暦12月30日なので、『三十暝』と呼ぶべきである。

台湾では元日ではなく、大晦日に一番のご馳走を食べる習慣があるのだが、今年も知り合いに呼ばれて重いお腹で帰宅すると、携帯電話のショートメッセージが届きだし、爆竹の音が響き始めてきた。

一般の人はどうかは分からないが、僕の周りの人たちは日本のように年賀状みたいなものは出さずに、携帯のショートメッセージで新年の挨拶をする。

ところで、この台湾の旧正月名物爆竹には頭が痛いところである。これのせいで大晦日は大抵は寝付けないものである。

この爆竹の由来は何かということを最近知った。

○●○

昔々、「年」という怪獣がいた。

普段は海底の奥深くに住んでいるのだが、毎年大晦日になると海底から人の住むところにはいあがってきては、人を襲うのである。

ある乞食の老人が大晦日にとある老婆に言った。

「もし私を今晩うちに泊めてくれるならば、『年』怪獣から守ってあげよう。」

この老婆は半信半疑ではあるが、この乞食を家に泊めることにした。

乞食はまず門の側に赤い紙を貼った。

そして、家の中を夜通し明々とロウソクを灯した。

夜中になると、ソロリソロリと「年」が老婆の家を襲おうと門を越えて入ってこようとした。

すると、バチバチっと激しい音がなり、「年」は慌てて逃げ出した。

翌日の元日に、乞食は老婆に「年」は赤色のもの、激しい音と明かりを恐れるのだと話した。

○●○

こんな話があるのだと感心しながら、プロジェクトにいる若者に話したところ、「知らない」との素っ気ない返事だった。

民間伝承の物語が廃れつつあるのは、日本でも台湾でも同じようだ。

突然だが、話を「年賀ショートメッセージ」に戻す。

幾人かのオテンバ台湾女性の同級生やその他知り合い達には「新年快楽!うさぎ年の今年は、あなたも兎のように大人しくしましょうね。」との文面で送ったところ、「私は元々兎よりも可愛らしく、羊よりも大人しいわ。今年は更に優しくなるから、どうぞお楽しみに。」との返信があった。

新年早々頭が痛いところである。

✤✤✤✤✤

2011年1月16日日曜日

台湾大学EMBA二学期期末試験

今週末は台湾大学EMBAの第二学期の期末試験があった。

今学期は3つの必修科目をとっていたのだが、そのうち2つはちょっと変わった期末試験だった。

1つは、試験の問題に回答することに加えて、笑い話を書くこと。

意図は良く分からないのだが、面白い話であれば点数を上げてくれるとのこと。

(もしかして、この教授は「ネタ帳」でも作っているのだろうか。。。)

もう一つの試験はもっとユニークで、まず3つの選択肢が与えられた。

1つ目の選択肢 …… くじ引き。くじには70~90点までの点数が書かれていて、くじ引きによって期末試験の成績が決まる。(70点は台湾大学EMBAの合格点。)

2つ目の選択肢 …… 制限時間30分の試験。90点満点。

3つ目の選択肢 …… 制限時間90分の試験。100点満点。

教授がこのユニークな試験形式を説明されたときには、僕は自分の中国語の聞き取り能力に重大な問題があるのかと思ったくらい驚いた。

元々問題はあるにはあるのだが、このときはまさに耳を疑ったのだ。

結構多くの同級生たちが「くじ引き」部屋へ走っていったのだが、僕の方は、何か聞き間違いや聴き漏れがあるかもしれない、あるいは何か裏があるのではないかと思い3つ目の選択肢をとった。

この試験の次の日に同級生たちが、がやがや話しているのを聞くと、くじ引きの話は本当で、かなり多くの人がくじ引きを選んだらしく、くじ引き部屋は相当賑わったらしい。

僕の周りのくじ引き参加者の最高得点は88点で、他は80点台の人もいれば70点台の人もいた。

果たして教授が仰られていたことは本当だったのである。

仕事も忙しい中で半分徹夜の日々が続いた後、半分狐につままれたような気持ちであるが、とにかく期末試験は終わったのでまずはよしとする。

2011年1月1日土曜日

2011年元旦

あけましておめでとうございます!

新暦の元旦は台湾でも一応祝日である。

今年は元旦が土曜日に当たったので、別に仕事が休みになるわけでもないので、友人たちは残念がっていた。

とは言え、僕にとっては大学院の授業がお休みになるので、久しぶりに何の用事もない土曜日となった。こんな休日はゆっくり休息するに限ると思い、自宅にいる。

外はといえば、今年は民国100年で、新年のイベントが色々と多いらしい。

台北101のカウントダウンを自宅のベランダから見ていたのだが、歓声がうちでも聞こえた。

台北101は台北市の南東にあり、僕の自宅は北東にある。台北市の端から端まで歓声が伝わったことになる。よっぽど多くの人が集まっていたのだろう。

台北101の花火は今年は一層盛大で、遠くからみると積み木の様に見えるビル全体が、なんやら火の柱のようになって見えた。小さくとも迫力や華麗さというものは感じ取ることが出来た。

日本でいう「花火」と台湾の「煙火」(北京語で花火の意)とは相当感覚が違うと思った。

昔田舎でお盆に見たぽつりぽつりと浮かび上がっては消えていく、線香花火を大きくしたような遠花火の絵の情緒とは正反対である。

また、台北市の端から端まで響く歓声は歓声で、日本の行く年くる年には欠かせない鐘の音とも正反対である。

そんなことを考えながら日本人は伝統を大切にしなさい、と仰られた李登輝さんの言葉を思い出した。

2011年、日本にとっても台湾にとっても益々大変な年になると思う。

ささやかながら、今年、日本も台湾も少しでもよくなるようにまずは祈りたい。

皆様今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2010年12月9日木曜日

李登輝さん米寿パーティー

本日夕刻、李登輝さんの米寿記念パーティーがあった。

会場に着くと人の多さに驚いた。

150人以上が集まっており、その殆どが日本人だった。

台湾でこんなにも多くの日本人が集まっている場に行くのは久しぶりだったので、何だか緊張してしまった。

どんな集まりなのかも分からずに、もしかすると李登輝さんと直接お話できる機会があるかもしれないと思い、李登輝さんの本を持参していたのだが、うーん、この人数では直接李登輝さんからサインをもらうのは難しいかもしれないと思った。

ちょっとがっかりしていたのだが、会が進行している合間に、うちの顧問のCさんはうまく開催者側と話をつけて、僕が李登輝さんと直接お話をできる時間を作ってくれた。

流石に戒厳令前から台湾にいる人は年季が違うと思った(Cさんは在台歴23年の大ベテランである)。

開催側の方から、李登輝さんに「この方は先生の学校の後輩にあたる方です」とご紹介してもらい、李登輝さんと直接お話することが出来た。

李登輝さんに「私カブと申しまして、京都大学を」と申し上げたところで、李登輝さんは僕の話を遮られた。

「いや、私は京都大学は途中でやめているんです。」

私はそこで直ぐに、

「いえ、私も京都大学は途中でやめて、コーネル大学に行ったのです。丁度李登輝さんが(コーネル大学で)講演された年でした。」

と返すと、

「は、は、そうか、そうか、専攻はなんだったの?」

高い声でお笑いになられ、そして李登輝さんの声が急に軽いものになった。

「オペレーションズリサーチです。」

「そうか、そうか、オペレーションズリサーチでしたか。」

ここで、顧問のCさんがすかさず我々が持ってきた李登輝さんの本に直筆サインをおねだりした。

この人は台湾に長いせいか、ときに動作が日本人離れして敏捷である。

李登輝さんは快く承諾して下さり、私がお持ちした先生の著作である『台湾の主張』を手に取ると、突如一番後ろのページを開かれ、

「かなり古い本ですね。」

と呟くように仰られた。「ええ、出版されて直ぐにニューヨークの紀伊国屋で買って、それから色々なところに引っ越したのですが、今に到るまでずっと側に置かさせて頂いております。」

李登輝さんは何も言わなかった。

この沈黙を僕はきっといい意味であると心の中で勝手に解釈していると、私の名前が面白い名前だ、どこの出身かと仰られながら、サインを書き始められた。

「私の父母は富山の出身で、私は金沢の八田與一さんのご実家のとなり村で生まれました。」

『村』と言ってしまった自分に驚いた。現在の地名では無論『町』というのが正しい。

李登輝さんの古風な旧制高校生風の日本語に接しているうちに、僕の生まれた町は「石川県金沢市〇〇町」は「石川縣河北郡〇〇村」に変換されてしまったのである。

「八田與一さんか。」

サインをしながら、今度はうなられるような声を出された。私が

「そういえば、先生のご親友の陳舜臣さんの甥っ子が私の大学時代の親友でした。」

と言ったときには、李登輝さんはサインをすることに没頭されていた。

先生は最近目に不都合があるようで、かつ今日はメガネをお持ちにならなかったので、サインを書くのも一苦労のご様子だった。

何だか申し訳ないことをしてしまった。

先生にサインして頂いた本を手にしたときには、自分の後ろには長蛇の列があった。

恐縮しながら、その場を慌てて後にしたのだった。





2010年12月4日土曜日

台湾のニュースから

最近台湾でこんなニュースを見つけました。

○●○

【 アメリカの外国籍学生、台湾は第5位 】
アメリカの国際教育協会(IIE)によると、20092010学年の、アメリカの大学に在籍する外国籍学生は3%増加し、69923人となった。そのうち中国籍が最も多く、台湾は26685人と前回より5%減り第5位だった。しかしアメリカの外国籍学生の総人数の4%近くを占める。外国籍学生が多い州はカリフォルニア州、ニューヨーク州、テキサス州の順。学科は商業、管理学が21%、工学が18%を占めた。国籍のトップ10は中国、インド、韓国、カナダ、台湾、に続き日本、サウジアラビア、メキシコ、ベトナム、トルコだった。

○●○

更にIIEのサイトに入って調べてみると、アメリカの大学に在籍する日本人学生は24842人とのことです。

この数字を使って、人口百万人あたりのアメリカへの留学生を計算すると

台湾は1158人

日本は195人

となります。

ということは、台湾の総人口あたりのアメリカへの留学生の数は日本の約6倍になるわけです。

この数字の差については色々な議論があると思うのですが、私自身が一つ強く思うことは「外国で生活して始めて母国の良さが分かる」ということです。

日本にずっといると、日本の良さが分かりにくいと思うのです。

反対に外国にいると、日本にいたときには分からなかった日本の良さを感じ始めます。

ヘンテコな例で申し訳ないですが、先日東京へ出張に行った際には三日間連続でお寿司を頂きました。

こういうと周りの友人から呆れられるのですが、日本のお寿司はやはり素晴らしく、私自身はちっともヘンテコではないと思っています。

日本のお米はやはり抜群に美味しいことは言うまでもありません。

日本のように極めて多くの種類の魚が、極めて新鮮な状態で流通している国は世界で他にあるでしょうか。

お寿司という料理も、味は勿論、見た目も美しく、小さな握りという形で色々なネタを頂いたり、あるいは握りではなく巻物として頂いたりとさまざまな変化があるところも、何とも楽しいものです。

それに店が混んでいても、大体注文してもそんなに待たせられることがないのも、日本にいれば当たり前かもしれませんが、外国に長い私にとっては素晴らしいことです。

(台湾では注文しても忘れられることがしばしばありまして、ちょっと遅いと思えば即催促することが私も習慣になってしまいました。。。)

師匠のYさんによると、握り寿司の発祥は江戸時代の屋台料理とのことで、彼曰く、「お寿司は江戸時代のファーストフード」。

私は台湾の屋台料理をこよなく愛して止まないのですが、さすがの台湾屋台料理でも、日本の江戸時代の屋台料理の「SUSHI」のように世界的に認知されている料理はないと思います。

さてそんなわけで、私が3日間連続お寿司を食べたと聞いて呆れられた方、申し訳ないですが、ズバリ、あなたは日本の良さを十分に分かっていらっしゃいません!

是非、海外でしばらく生活し、外から日本を見られてみることを強くお薦め致します(笑)。

え、自分の食意地を変に正当化するな?私の日本への思いに免じて、それは許してやって下さい。

✤✤✤✤✤

お手数ですが、カブへの応援のワン・クリックを宜しくお願いします↓

できればコメントを頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

2010年11月18日木曜日

日本の悲しいところ

本当は今日は「日本のよさ」の続きを書くつもりだったのですが…。

仕事を終えて地下鉄で帰ろうとしたとき、駅でアナウンスが…。

「新宿・〇〇間で人身事故が発生、●●線は一時間ほど運行休止の予定です」

この「人身事故」という言葉を聞くと何とも言えない気持ちになるものですね。

そういえば、台北でもよく地下鉄に乗るけれども、人身事故で地下鉄が遅れたりストップしたことに出合ったことはないです。

(日本と違って、技術的問題で地下鉄に何回も閉じ込められて、閉じ込められる度に携帯で愚痴を言ってくる友人はいますが。)

死ぬような辛い目に会えば、アメリカ人であればきっと、”Oh well, it’s not the end of the world.” ナゾと言って開き直るだろうし、台湾人であればきっと「時到時當,無米煮蕃薯湯(いつかよい時が来る、米が無ければ、サツマイモでスープを作ればいいさ)」と言って気持ちをスイッチしてしまうと思う。

台湾でも自殺率が近年高くなり、世界平均を超えたことが問題視されていたけれども、WTOの2009年に発表された統計によると

日本: 24.4

台湾: 17.5

アメリカ: 11.0

世界平均: 13

(単位: 自殺者人数/10万人)

で日本とはまだかなりの差があります。

✤✤✤✤✤

お手数ですが、カブへの応援のワン・クリックを宜しくお願いします↓

できればコメントを頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

本ブログの概要

起業、大学院での活動、在台日本人の生活等を通して色々な角度から見た台湾について、そして台湾から見た日本について、皆さんとお話していきたいと思っています。